2011年02月15日

運命のボタン

今回ご紹介するDVDはこれバッド(下向き矢印)

11.2月15.jpg
運命のボタン

     監督:リチャード・ケリー
製作総指揮:スー・ベイドン=パウエル、テッドフィールド、パリス・カシドコ、
         スタス・ラトシス、テリー・ダガス
     原作:リチャード・マシスン
     音楽:ウイン・バトラー、レジーヌ・シャサーニュ、オーウエン・パレット
     出演:ジェームズ・マースデン、キャメロン・ディアス、フランク・ランジェラ、
         ジェームズ・レブホーン、ジリアン・ジェイコブス

自宅に届けられたたった一つのボタンから始まる驚愕のサスペンス。押すと100万ドルという大金を手にするが誰かが死んでしまうというボタンを渡され、究極の選択を迫られた夫婦がたどる運命を描いていく。原作は「アイ・アム・レジェンド」などで知られるリチャード・マシスンの短編で、かつてドラマ「新トワイライト・ゾーンで映像化されている。今回も難解かつミステリアスな展開で観客を驚かせる。ノーマを演じたキャメロン・ディアスはラブコメ作品とは異なる演技で新たな魅力を披露。謎の男スチュワードを演じたフランク・ランジェラも存在感を見せている。

ちょっと大げさかも知れませんが、この世の中そんなに旨い話は無いと判っていても、欲に負けて手を出してしまう。ふらふら 自分に厳しく、強い意志を持って生きて行かないといけないな〜と思わせる映画でした。わーい(嬉しい顔)


posted by コリゾウ at 16:38| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。